お見合いした60代のGさんですが、結婚後の住居についての考えに相違(60代女性会員)

中高年婚活

今回お見合いした60代のGさんですが、結婚後の住居についての考えに相違がありました。
私は結婚後は自分のマンションは引き払い、お相手の男性の住居で一緒に住むことを考えています。
女性の方が長生きする確率が高いですので、仮に男性の方が先に亡くなってしまうことを考えると、老後の不安もありますし、男性の死後はできれば住居については私に相続して欲しいと考えています。

しかしGさんの考えは違うようです。
Gさんの土地と家は前妻と築いたものなので、自分の子どもたちに相続し、そこから無償で貸与する形にしたいというのです。
私は自分のマンションの売却資金はGさんとの旅行や生活費の足しにしたいと考えていました。
Gさんの亡くなった後お子様から借りている形では気がひけるので、なんとかお互いの妥協点はないかと考えています。

もっともここまで率直に財産の相続について明確な条件を提示して下さった男性は初めてです。
その点Gさんの誠実でまじめなお人柄はとても好感が持てます。
このようなケースは皆さんどのようになさっているのでしょうか。

関連記事

  1. 中高年婚活

    贅沢ばかりは言ってられないのですが(50代女性会員)

  2. 中高年婚活

    熟年結婚の新生活をスタート出来そうです。(60代男性会員)

  3. 中高年婚活

    知人が入会していたこともあって、私も熟年の結婚相談所を利用(…