長文のメールやLINEがNGなのはなぜ?返信しやすいメッセージとは

LINE

婚活においてメールやLINEはなくてはならないコミュニケーションツールです。
好意を持っているお相手へのメッセージとなると、熱がこもり、ついつい長文のメールやLINEを送ってしまいがちになります。

しかし、好意がある、気になっているからといって長文のメッセージ送るのは注意が必要です。
なぜなら長文のメールやLINEはお相手にネガティブな印象を与えてしまうことが多いからです。

そこで今回は、長文のメールやLINEがNGの理由と返信しやすいメッセージについて、お伝えします。

長文のメールやLINEがNGの理由

読むのが面倒

長文のメールやLINEは基本的に好まれません。
長い文章は読むのが面倒だからです。

短い文章であれば、すぐ返信ができ、タイムリーなやりとりができます。
後でゆっくり読んで返信しようと思っているうちに、そのままになってしまい、連絡が途絶えてしまうということがあります。

返信するのが負担

長文のメールやLINEが届くと、自分も同じくらいの文章量できちんと返さなければと迫られる感じがします。
長い文章に対し短い文章で返信するのは手抜きで失礼なのではと思ってしまうからです。

交際しているお相手とのメッセージのやり取りは本来楽しいはずですが、これでは返信するのが負担となります。

また、長文のメッセージとなると、話題や質問が複数になりがちです。
文章をきちんと理解するのに何回か読み返す必要があり、何にどう返信すればいいのか頭を使い負担を感じます。

気持ちが重い

自分の好意を伝えたいという思いが強いと、どうしても長々と語りたくなります。
気持ちは分かりますが、その思いを長々とメールやLINEで送るのは逆効果となることもあります。

お相手との距離が縮まっていないうちに感情のこもった長いメッセージを送ると、重いと思われます。
長文のメールやLINEはどうしても自分の気持ちを押し付けるような印象となってしまうことがあります。

返信しやすいメッセージ

1回のメッセージに質問は1つ

質問ばかりの長文のメッセージは質問攻めのように感じてしまいます。
質問に対して答えるのも、頭を使うのでそれなりに疲れます。

それが質問攻めとなれば、その疲れ方もより大きくなり、返信するのが億劫になります。
あれこれ質問すると長文になりがちですので、1回のメッセージに質問は1つにするようにします。

文章量を合わる

お相手からのメッセージが短文であれば、自分も短文のメッセージをテンポ良く返すのがいいです。
文章量が同じだと気を遣わずやり取りでき、コミュニケーションが長続きします。

それを長文で返してしまうと、お相手は自分も同じくらいの文量で返さなければと負担を感じてしまいます。
気持ちの温度差も感じてしまいますので、文章量は合わせるようにします。

まとめ

今回は、長文のメールやLINEがNGの理由と返信しやすいメッセージについてお伝えしました。
長文のメールやLINEは、読むのが面倒、返信するのが負担、気持ちが重いなど基本的に好まれません。
お相手から返信がなかなか来ないと感じることが多い方は、今回紹介した返信しやすいメッセージを参考にしてみてください。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. オタク趣味

    婚活プロフィールでオタク趣味は隠すべき?アピールすべき?

  2. LINE

    LINEにおける男女の認識を理解。その違いとは?

  3. オンライン交際

    オンラインデートで二人の距離を縮める。おすすめの方法をご紹介…