男性が共に人生を歩むことを決めた女性は意外にも?年上の女性でした。(成婚事例)

50代婚活
成婚事例

50代前半の男性会員様のご成婚が決まりました。
こちらの男性は国立大学出身で責任あるお仕事をされ年収も高く、真面目で冷静沈着な雰囲気の素敵な方です。
1年半前に奥様と死別されましたが、食事にしても旅行にしても一人では不自由なので、一緒の時間を楽しめるパートナーがいたらと活動を始められました。

大学受験を控えたお嬢様がいらっしゃるため、すぐに同居は難しい状況ですが、そのような状況をご理解いただける、二人でよく相談でき、無理せずお付き合いできる方をご希望されておりました。

女性の多い職場で長年働いてこられましたので、女性の気持ちや考え方、お立場は理解できるほうだとおっしゃるだけあって、お見合いをしても交際へ進むことが多く、人気のある方です。

そんな男性が共に人生を歩むことを決めた女性は意外にも?年上の女性でした。
男性は基本年下の女性を希望しますので、少々驚きを感じた次第です。
成婚を決めた男性からは下記のような感想がありました。

お見合いした方は、3か月で14人だったかと思います。
妻を亡くした私は、自分より先に旅立たない方、というのが第一条件で、つまり年齢が下の方を希望していました。
お見合いして交際した方には、一回り以上下の方も何人かいらっしゃいましたが、最終的に選択したのは年上の方だった、とは、自分でも意外な展開でした。
一緒にいるときの心地よさ、落ち着き、会話やメールの波長、ああ、求めていたのはこういう人だったんだ、と気が付かされました。
よく言われることかもしれませんが、「条件」ではないのですね。

やはり成婚される方は一緒にいて心地がよく、安心できる方を選ばれています。
お見合いという形式であっても、条件以上に大切なことがあるということを改めて感じた成婚でした。